FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

宿敵ついに現る

 2007-06-26
連荘でいけるほどお金を持ってないのですが……まぁ、今日はお付き合いで一つ。三大に行ってきました。ちゃっかり2プレイしましたが

ちゃうんや! 奴が現れて……それが悔しいて、悔しいて(何

戦績はというと、○×○△。一応勝ち越し。でもこれ負けた試合と引き分けた試合が重要。そうですよ、もうお分かりか。

宿敵八卦の登場で~す!!∑(>▽<)ノ

いや、普通に負けましたけどね_| ̄|○

まぁ、接戦だったと言えば接戦であったのですが……二回がけで来ることがわかっていた一戦目。こちらは、三枚がけだ~!と勢いよくポチポチポチ。

ふははは、こちらは+9が三体だぞ、さぞや恐ろしかろう! 進め進め進め~!!なんか思いながら(マテヤ)行ったのは良いのです。が、ここで改心の失敗。進みまくったドヨが槍に刺さる。兵力ここで半分_| ̄|○刺さるのは嫌じゃぁー!とみんなで乱戦。ドヨが天命をまっとうするも、相手もそれなりにダメージ。これはもしかするともしかすると!?と、思っていたのもつかの間、虎豹騎の効果が消え、こっち全滅相手はまだまだ残っているようで、再起をたたくも戦線に参加していなかった諸葛の一発をくらい、時間切れでした_| ̄|○

敗因は、やはり槍に刺さるとか初歩的事もありますが、やっぱり虎豹騎を先に掛けてしまったことにあると思います。なんだかんだいって、並みの号令は持ってくれる虎豹騎ですが、やっぱり孔明には及ぶわけもなく。段階的に強化するのが良かったかなぁ……でも、乱戦ダメージ痛いもんな(苦笑)

で、今回は単純に強化できるデッキを考えようと言うことで、こんなデッキを考えてみた。

SR司馬懿 LE曹操 UC典偉 R楽進

求心して怪力して、魏武強すればなんとかなるかなぁデッキ(何
前から求心は考えていましたが、それ単体では間違いなく八卦に負けてしまう。それじゃあ使えないやとポイしてましたが。ここに来て刹那の怪力が浮上。弱点はというと、それが2cしか持たないということ。それだったら、粘った方が良くない?と思われそう(苦笑

でも、粘っても粘っても効果が切れない八卦にはこっちの方があってるきもする。まぁ、百聞は一見にしかず、とりあえず次の機会に試してみます。

ただ前のデッキに比べ、バカが二人いることが問題……分散がどうも苦手だから知力は高いに越したことがないんだけどな;;

緑の国in若獅子

 2007-06-25
この前の日曜日にシバトラマンでちゃっかり六州に上がったとです∑(>▽<)ノ
負けたのも接戦だったり、こっちの采配がグダグダすぎたのとやっぱり青い国の火計は大嫌いだと実感したのですが、それなりに納得できる試合内容でした。

てか、もうずいぶん陸抗使ってない気が……なんかシバトラで勝ち越しばっかしてるとあんまり使う気になれない(ぉぃ
や、これもまた陸抗をマスターするための練習だと思って頑張りたいと思います!(無理あるかw

色々とデッキを試すことで、自分の最適なデッキが見つかるはずさ!(……でもやっぱりあんまりメジャーなのは面白くないよね。完成されてるデッキって妄想が無いからさ。うむうむ、男のロマンって難しい(ぇw

あ、そうそう。妄想で思い出したのですが、ちょっと前に2コスに王双入れたらどうか?みたいな事を言われたので、王双探したんですが手持ちにあらず_| ̄|○今の八卦対策は、虎豹騎を三回がけで戦う予定だったのですが、刹那怪力でしのげたらそれはそれでお得ですよね。で、詳しくスペックを調べようとすると、wikiが落ちているというこの惨事( ̄□ ̄;)まぁ、こういう時に運が無いのはいい事なのですよ、他で運が上がったと思えば……れっつぽじてぃぶ!(何

刹那怪力と言えば、UCテンイも持っていたので両方試そうかなぁ。戦器で決まりそうですが、両方良かったような。や、テンイが良かったのはRの方でしたか。




そろそろ本題に入りますかー。
期間限定若獅子!参加賞目当ての癖に、デッキ考えようぜ!のコーナー始りますよー。ドンチャンドンチャン。

……いや、だからwiki落ちてるって。ここまで書かなきゃわからないって俺どうよ?疲れてるのか_| ̄|○いや、きっとさっきまで昼寝してたのがいけないんだ……と思う。どちらかというと思いたい。

ま、いいや。でも、やることないんだよなぁ。正直な話。
最近、妙にゲームが面白くないような気がする(苦笑)。ゲーム離れだってよく言われるんだけど、クオリティが下がってるのもあるような気はするんだけどなぁ。でも、積んでるゲームがあってもやる気が出ないのは離れている証拠なのか。その分三大に向いている当たりどうなのよこれとか言われないでもないw

ではではー。緑の国はまた今度ー。

若獅子に向けて

 2007-06-23
己の力を存分に発揮して天下統一を目指せ!
 「超局地戦! Ver2.1追加カード限定戦」
■開催期間:2007年6月29日(金)~7月1日(日)
■開催時間:10:00~24:00 (深夜には行いません。)
■参加資格:4州以上のプレイヤー
■デッキ条件:Ver.2.1「若き獅子の鼓動」から追加されたカードのみで追加された武将のみで構成されたコスト8以下のデッキ。
<使用可能カード>
 魏045~魏076 蜀043~蜀076 呉043~呉069
 涼030~涼038 袁023~袁030 他028~他031
 LE010~LE047
大会モードは通常の全国対戦を行いながら、対戦相手の持つ「玉璽の欠片」を集めていき天下統一を目指すモードです。

<大会の概要>
1:大会ではフリーマッチングになり、侵攻および、徳の上下はしません。
2:各プレイヤーは「玉璽の欠片」を持ってスタートします。
3:対戦して勝つと、相手から「玉璽の欠片」を奪うことができます。
※倒した相手プレイヤーは一定条件で配下にすることができ、配下にしたプレイヤーから、玉璽の上納を受けることが出来ます。配下となったプレイヤーは独立ゲージを貯めることで、独立することが出来ます。
4:大会終了時に、最も多くの玉璽を持っていたプレイヤーが優勝となります。
5:すべての兵法が使用でき、すべての外伝の効果が使用できます。
6:持っている戦器は使用できます。

 入賞者には、以下の称号が与えられます。
■優勝称号:若獅子
■入賞称号(2位~3位):近衛兵
■特別賞称号(1000位、2000位):一般兵
■特別賞称号(3594位):義兄弟

 大会結果に応じて、参加者全員に以下の特典をプレゼント!
■最終玉璽の個数×金10
■最終配下人数×金100
■参加賞:金2000

※玉璽の欠片の数が同数の場合は、以下の優先順位により、順位が決定します。
 「落ち延びた回数(少ない)→徳→侵攻→総合勝率→登録順」となります。




とまぁ、どうも大会が来週三日間だけ行われるそうですね。
色々と制限があって、自分には無理だ_| ̄|○なんて思っている方も、四州以上なら文句を言わず一回だけでも参加しておきましょう。
なんてたって、参加賞:金2000ですから!!

てか、やけに太っ腹だな……これ。自分はお金(リアル)が無いので今回は参加だけして、金もらいたいと思います。が、それだけだとやっぱり記事にならないので、何が有効かとかそんなことを今日は考えましょう。

今回の大会は新カード限定の大会です。
で、新カードといえば、やっぱりみんな考えるのが赤い馬の国。魏ですよね。トウガイやらヨウコやらドヨやらシバ兄弟など、これでもかっていうぐらい使えるカードが多いです。バージョンアップで弱体されたと言っても、使い方によっちゃ十分使えるレベルのカードばっかのはず。おそらくは、優勝者のデッキも魏単か魏が入ったデッキになってるような気がします。

それでは、以下新カードの軍団情報~。

・魏

魏を使う利点は多すぎて書き上がれない( ̄□ ̄;)。馬、弓、計略共に強カードがそろう。wikiの新カード情報を見たら一目でわかるこの強さ(何)。
しかし、使える槍が【魏045】UC王濬 のみといった状況。武力を1下げて伏兵、連計もちの【魏051】UC郭淮の方もありか。ありっちゃありなんだが、結局のところ魏は馬のみ使うか、馬と弓で構成されると思われる。

多くなりそうなデッキ予想

SR艾 SR羊祜 R賈詡 R杜預 UC曹皇后

………Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン
なんだこの武力の低さは……や、覚醒持ってますがね(苦笑)。
刹那神速、粘って離間、最後は流せコンチクショウ!デッキ。を作ろうと思ったのですが、これは低すぎでした。計略を絞った方が良さそうですね。

というわけで、こちら。

SR艾 SR羊祜 SR夏侯淵(惇) R杜預

うむ。これならば、そこまで武力は低くないな。
思いっきり中途半端な気がしないでもないですが。低知力の集まりっていうわけでもないので、色々なデッキに対して使えそうな感じですね。

総評
魏の新カードの号令といえば、怖い顔の連合号令しかいないのでSR艾はほとんどのデッキに入ると思います。SR艾を入れるともうほとんどの場合セットでSR羊祜が入るので、結局残りの4コスを誰にするかっていう按配になりそうですね。1.5、1.5、1か2.5、1.5のどちらかですか。

他の軍団を調べたわけではないので、馬単が果たしていいのかどうか。槍大国緑の国の新カードがどんなものかで、デッキが決定すると思われます。

まだまだ日にちはあるので、今日はここまで。次は、緑の国ですよー。

P.S
連合号令かぁ……確かに、号令は新カードで珍しいだろうし、あれ?これって意外と強くなる??

P.S2
そーいえばLEの存在を忘れていました_| ̄|○
そうですよね、そういえばLEっていたんですよね(ぉぃ
色々考えた結果、今大会は。
普段日の目に出られないLEが活躍する大会とも言えそうです。
いやいや、LEにチョウコウいたよーよかったよかった(何

ショパァーン!

 2007-06-17
が、主人公じゃないのな(ぇ)

後、一つだけ声を大きくして言いたいことがある。

なんてかもう、ビートの仕草がいちいちダントツ可愛いのな!

後、もう一つ声を大きくして言いたいことがある。

なんでこう、敵軍がやけにダントツカッコいいんだ!?(チューバとレガートはパスね

皆川さんの声がもうワルツ合いすぎで、ダントツ好きだー!!∑(>▽<)ノ

ご、ゴホン……なんか今日テンション高いなぁ、俺。
明日休講あるからか。あっても、やることないよコンチクショウ。ムカデ刺されるやついるし、くぅ……正直笑えねぇ。
あ、ダントツはあれですよ。にーにーのイメージが抜けないあの人が言ってるキャラクターの人です。ちょっと使い方間違えてる人なのです、はい(何)

ま、まぁそれはともかく。久しぶりに当たりだと思える作品にあたりました。トラスティベルです。やる前は主人公は誰なんだ?とか思ってましたが、最初はポルカで、ショパンと出会い旅をする。平行して、アレグレットとビートも旅に出て、偶然ばったり。旅の行き先が同じだからーという理由で同行。てな具合。
マップ等で動かせるキャラは、アレグレット固定かな。アレグレットがいない序盤はポルカだったのですが、同行してからはアレグレ固定。自分的には、ビートで行きたかったのでこれはちょっと残念かなぁ。上にも書いたんですが、イベントでやけに可愛いというかこう、世間一般で萌えー!と叫びたくなる仕草をやってくれるこやつ。あ、や、ですけどね。あーこりゃ、無粋だった。すまん(何

どうにもこうにも、ポルカとアレグレがくっついたりするお話なのかなぁとは思う。アレグレのポジション的に。いやね、現在ではそんなことないんですけど、むしろアレグレが他にリーダーになってる理由がなくてな_| ̄|○年長っていったら、ショパンだろうし。なぜ、ビオラは入ってすぐにリーダーがアレグレってわかったんだろうか(苦笑)戦闘で強いっていう理由だとうなずけますが。それもビオラが出てきてからそうでもなくなったしなぁ。

比較的キャラクタ能力がぶっ飛んでる。それがトラスティベルです。

戦闘は当初からすごい面白い。まぁ、久しぶりにRPGをやったから比較的評価割り増しというのを先にお断りしておきますが。
光と影の概念がすごくて、戦闘場面にあらかじめ、光があたっている部分と影の部分があって、光と影で敵の様子が変わったり、自分の必殺技が変わったりするのは、まず新しいし、面白い。

で、自分がビックリしたのは、自分の影で敵が変化したということ。
太陽が画面上右側にあるとすれば、影が出るのはキャラクターの左。で、配置によれば右に味方、左に敵というのがある。当然、キャラは攻撃に右から左と攻めるわけだから、左に影が出来て、敵がその中に入ると変化する奴もいるというわけ。

必殺技もMPみたいなのはなく、バンバン撃てるので爽快感もあるしね。

ただ、欠点もやっぱりあって、必殺技撃ち放題で先制を自分の腕で必ず取れるとあっちゃ、単調になりがちになる。

そこを解決しようとしてくれたのが、パーティクラスって奴なんだよな。結構これがうまいこと出来ていて、レベルが上がっていくとどんどん制限されていく。まさか、行動ゲージの最大値が減っていくとは……。この辺りの説明は公式にて。ただ、うまいこと出来てるってことだけは伝えたい。うむ。

あと、強いていうならば、味方が強すぎないか?? という懸念だったのだが、結局ボスは強いというかタフなので、それなりに楽しめる。ただ、戦闘でアイテムを使うことはまだ一度もないな。もともと、必殺技が無制限で必殺技に全体回復があるし、先制をとって1ターンで終わらせることもおおい。

出来れば、難易度ハードが欲しかった所。後半の敵のレベルの上昇とパーティクラスの制限に期待したい。

後、戦闘の単調さをなくすためのもう一つの要素として、必殺技の種類とキャラクターの多さだが、まだ10時間もやっていないのにキャラクターが現在6人(戦闘は3人)と結構多い。必殺技は小出し感はあるが、無いことも無いのでまぁ、良しといったところ。

背景と音楽は文句なしのでき。毎回箱やってて思うんだけど、絶対これ現実の水より綺麗だよなって思う。まぁ、見惚れるのはオブリビオンに取っておくとするが。

あー後、ビートは写真を撮る必殺技があって、これ写真屋に売れるんだけど、すっごい壊れた金額で買ってくれるので、序盤ですでに10万G突破しました∑(>▽<)ノ……いや、これはマズいだろ( ̄□ ̄;)

だいだい、これはグズだな。レンズ拭きにでも使うのか?とかいう評価を出しながら2000G出すってお前の財布はビルゲイツと直結か!?と小一時間(ry

でもまぁ、戦闘で得られるGはぜんぜん無かったりと、結構普通にRPGしてます。

新たなジャンルを切り開いた! それは、お金が無いなら写真売れ! でした。

間違っても、モンスター狩っちゃいけないよ(´・ω・`)

SRおじいちゃん

 2007-06-14
やって来ました。SRシバイ。
さてさて、まずは戦績とデッキを公開っと。

○△○×。

SR司馬懿 SR龐徳 R張郃 R司馬昭

八卦は四枚がセオリーだというので、こちらも対抗して四枚デッキで作ってみたのですが……むむ、戦績は二勝一敗一引き分けとまずまず。個人的には、R司馬昭よりR司馬師かなと思いましたが無いので代用。

相も変わらず勝利した戦いは特に記憶していないのでスルーの傾向で、とりあえず一回目はシバイが一発入って守って勝ち、三回目はホウトクの特攻戦法が効き落城勝ち。

引き分けも負けた試合も両方共に、武神さまの蜀デッキでした。前から武神さまには痛い思いをさせられているので、超絶強化に入ると奇策を一人掛けするなり、鎮圧するなりで翻弄していたのですが、どうも敵にダメージを与えるとなるとかなり不利な状況でした。負けた試合は落雷と武力アップがまざった孔明なんかにもしてやられた感がありますし……。

それにこれだと、妨害で下げることは出来ても、自軍を強化することが出来ません。てことで、兵法使わなかった一試合目を参考に二試合目から魏軍の大攻勢使ってたんですよ。まぁ、だからレベル2で使うなと言われるかもしれませんが(苦笑)案の定最後は裏目に出て……というか当たり前と言うか、落城負けしました。

とりあえず、敗因はR孔明が計略をしたときに、シバイがいなかったことですね……やはり再起のほうがいいみたいです。

で、兵法を再起で固定します。とりあえず。
そうなると間違いなくやられるデッキが出てきます。そう、やっぱりこの人、SR孔明。まぁ、それとともに陣法ですね。
シバイである以上、やっぱり宿敵八卦には勝ちたい。
で、そういう場合どうしたら良いか。考えたデッキはこちら。

SR司馬懿 R張郃 R曹真 R杜預

あ、もちろんR杜預の計略は速攻でロックですよ?(何)

八卦が強い利点は、二度掛けにあると思うんですよ。確かに、士気を12使うハメにはなりますが、それで敵軍を全滅させればまったく無問題でしょうし。で、それには号令ではダメなんですよね。求心曹操を一時期考えたのですが、これは普通のデッキには勝てても、八卦には勝てない……と思う。やってないからわかんないですが( ̄□ ̄;)計略の先がけっていう方法が無きにしもあらずだし……ま、まぁとりあえずおいとこう(何)

で、そっちが二度掛けならこっちは三度掛けだと。終盤の攻防でR杜預が武力7になっていると、前衛たちが全部武力16となりこれは、いるだけで脅威だろうと思いました。いや、いるだけでって、ここまですると全面対決ですが。後、八卦対決なら曹真の使い方は結構重要になるかもしれないですね。こいつは、武力上がらないですし。

二度掛けから粘りでもいいですしね。とにかくも、打倒八卦のみを考えると行き着く先は、超バランスデッキということで……いやはや、実際どうだろうなぁ。孔明の伏兵を踏むのはこのデッキだとシバイになるのか。そうそうにシバイを踏んでもらうことからはじめないといけないですね……シバイの伏兵の使い方も勉強しないといけないようです。

またまた趣向を変えて。

 2007-06-13
最近、非常に呉魏連合が不安定で勝てる時は勝てるんですが負ける時はとことん負けるという状況でした。

で、ちょっと気分転換に覇王デッキを使ってみようと思いまして、早速手持ちカードから攻守自在を作りました。

以下戦績とデッキ内容。

×○○×。

R司馬懿 SR龐徳 R張郃 R楽進 SR張春華

一回目はなんと、相手も攻守自在。今まで見たことなかったのになんと偶然か。敵の司馬懿に妨害なんかをかけたりしていましたが、結局押されて終了。色々動かすのに必死であまり覚えていない試合でもあります。

二回戦、三回戦ともに味方に攻守、敵に攻守とうまい具合に決まり落城勝ち。三回戦の方は、刹那神速の奴がいて結構不安でしたが、槍にささってくれて助かりました。

で、四回戦。最初から大徳劉備だと思いたかをくくっていると、なんとそれ桃園でした_| ̄|○この前はLEだったんだよぉ・゜・(/Д`)・゜・。ウワァァァァン
こっちには伏兵が二人もいたのに、奴をしとめられなかった自分が悪いです、しかもここにきてカードの絵知らないってのが聞いてくるとは(苦笑)
だがしかぁーし、もう覚えました。次こそ、しっかりと踏ませます。ええ、踏ませますとも。

それでですね、今日はすっごいレアカードを引きました。

UC曹皇后

ね? すっごいレアでしょ?(何)
いやいや、欲しかったんだよなぁ。どっちかっていうと、春華よりこっちのが使いやすいと思ってたんですよね。妨害から流せば、高知力には中ダメージ、中知力以下は天命をまっとうしてくれるはず。
後、カードケースに入ってると和む一枚(ぇ)SR曹操とともに、カードケースに入っているだけで、なんだかうれしい気分になる一枚です。

でまぁ、他はというと。

SR司馬懿やR小喬と、地味に引きは良かったり。

てか、一日に萌えカード二枚引いたのは初めてかな……あ、SRおじいちゃんは近日使う予定。こうご期待?

たまには、漫画。

 2007-06-12
06/15 あひるの空 16 発売!!

いよいよ発売っすかぁー毎度毎度、この漫画には感動されまくりなんで今からかなり待ち遠しい千秋ですよ。これを機会に溜め込んでる漫画も処理しといた方がいいかもしれませんね。最新巻がだいぶ前に出てるとか出てないとかそういう情報が(何)。

ただ、この発売!って情報には過去にだまされる事二回ほどあるんで……正直疑心暗鬼も良いとこなんですが、が。

まぁ、良いんですけどね。延期でも。面白ければそれでいい。うん。

スポ魂漫画と言えば、最近よく言われるのがおおきく振りかぶって。でしょうか。基本的に、スポーツって熱い漫画が繰り広げられるのが多いので好きなんですよね。その試合が負けようとも勝とうとも、そこに熱意っていうか勝ちたいって思いがあれば、十分面白い。あれは、今8巻かな?まで出ているっぽく。どうしようか、4000円ぐらいかぁ……えーや、無理だった。使うと俺が生きていけない(ぇ)今月はバイトの稼ぎをほとんど三大に使っているので、これ以上出費がかさむと俺の食費が……。

アマゾンって手がありますがね(クレジット)。自己破産への階段を着実に上っていくことになるので自重したいと思います(´・ω・`)

三大といえば、今日五州に昇格することができました。なんだかあっさり二連勝しましてそのまま制圧。で、そっから三連敗。まぁ、俺にはもう下がる道がないぜ!ってな具合なんで良いんですが(笑)

てか、今日改めて思ったんですが、突撃ダメージの異常さが素晴らしい。これは良いんだろうか。基本突撃は相手の武力を無視してるので、いくら相手の武力が高かろうがおかまいなしに全員で突撃すると高武力もあっさり落ちるという……。

ふむ。ここにきて人馬とかの西涼がくるとは……トウタク引いたし面白いかも。今日は三大がメインではないので、また今度。明日はしないからね!いい加減俺、金が……。あぁ、それでもやってしまう俺……やばい_| ̄|○

デッキ検証

 2007-06-11
今日はいつもの趣向を少々変えて、川原諸葛を使ってまいりました。

以下は使用デッキ。

川原諸葛 カンギンペイ 新SR張飛 韓当 R甘寧

号令+若き血でのごり押し。最近低武力に悩むことが多かったのでたまにはこういうのもいいかなと。地味に銀は回ってくれます。

一回戦。かな~~りのgdgd。計略間違えて、おっさんが敵軍に突っ込むは、呉の人たちがいないところで号令をするなど、お前初心者かと言われるレベルのグダグダ_| ̄|○だったのですが、終盤の号令+若き血が聞いたようでなんとか判定勝ちに持っていくことに。

二回戦。袁単の方々。とりあえず、田伏から号令であろう事はわかっていたので、なんとか諸葛を顔良に当てたかった……んだけど、劉備にあたり失敗。おっさんが槍にささるなど、ここでもグダグダ_| ̄|○調子にのって兵法を増援にしていて、足並みがそろった後に号令+若き血+増援するも追いつけず。逆にカウンターくらい落城負け。

てか、レベル2はまずかったかな(苦笑)

本当は、甘寧じゃなくてSR孫権(連計)を入れたいんですけどね……今もってないですし、買ったら買ったで高そうだしなぁとのことで敬遠中。

でも、いつかは川原諸葛 カンギンペイ 新SR張飛 韓当 SR孫権
やってみたいなと思います。

ないない言ってても仕方ないので、じゃあ蜀で連計を使ってやろうと連還の連計を採用してデッキを作る。

それがこちら。

川原諸葛 費イ UC徐盛 R甘寧 程フ

当たったデッキがこちら。

麻痺矢柵柵柵さくさくさくさく(ry

結果。

ええ、死にましたよ_| ̄|○

てか、このデッキって槍か馬じゃないと太刀打ちできないことに開戦してから気づく。膠着状態が続き、うっかりミスした所を決死の攻城。時間切れで負けました。

相性が悪かったということで、また今度試してみます。

で、最後は使用デッキⅠをして帰りました。
一回目は圧勝。大徳デッキっぽかったのですが、疾風チョウウンばっかり使い相手が誤爆なのか士気の無駄使いかで、雲散する必要もなく、普通に号令から雄飛や刹那で落城勝利。

二回戦は、涼単の4デッキでした。弓呂布 R張遼 高順 R賈詡
これは正直、勝てる試合でした……が、自分のミスで終了。というか、相手にしてやられたーって感じでした。序盤は膠着状態に陥ります。うっかり孫策が踏んじゃったりもしましたが、槍で牽制したりしているうちに士気が9に。ええい、どうせなら攻めちゃれと号令をして突撃。それにあわせ、カクが計略発動。なんだこれはの乱戦乱戦。刹那をしてしのぎ終わった頃には、相手が瀕死のリョフ。こちらは、瀕死の陳羣と陸抗が兵力フルという状況でした。こちらは、完全に武力で負けているので、陸抗を城壁に突っ込ませ、陳羣はリョフと弓バトル。陳羣はすぐにその命を蒸発させましたが、そのすきに攻城ゲージがそこそこたまっていた陸抗は殺される前に一発いれます。

で、後は守ればよかったんですよ。そう、士気も良い感じだったし、何より残りも20cぐらいでした。号令をかけてしのげばよかったのですが……なんといいますか、反計可能の文字が出るとつい押してしまう今日この頃。わかっちゃいるけど、ぽちぽち押しているともう一回のカクの計略でこちら全滅。反計は使いどころをしっかりとしないといけないと実に思い知らされた試合でした。

いやでも、号令したらしたでカクの独壇場だった気もしないでもない。が、やはり反計は重要でしたね。以後気をつけていきます。

今日暴れん坊将軍に出会いました。

 2007-06-10
今日と昨日の三大結果ー。

いや、まぁ、書きたくないぐらい恥ずかしい結果ですが(何)
両方とも1勝4敗ぐらいでした。
何がいけんかったのか、大体の勝ちパターンが崩れてきている理由はやっぱり、陣法にあるのかな?と思います。
基本的に、自分が作っているデッキは弱いです。いや、決して弱いと言うべきではないかもしれません。要するに腕が必要なのです。こちらの号令は長いですから、いかに武将を死なせないかが肝心になり、また相手の強化を防いだり跳ね返したり消したりするのがメインになります。

まぁ、それで問題なのが陣法なのですよ。これを使われるとたまったもんじゃない。号令+計略無視なんて鬼です。まず、これで陳羣が使えなくなります。

それから、最近もっと凶悪になってきました。これだと、程をもっていって反計すれば良いと気づき、程をキョウイの近くにもっていくと、桃園が発動。程は真っ先に蒸発します。また、それから陣法というコンボで陳羣も使えない。

桃園+陣法デッキに勝つにはどうしたらいいのか、誰かご教授願います;;

あ、そうそう。暴れん坊将軍ってのは、リョキさまが面白いほどに一騎打ちを発動してくれて、すばらしく愉快な試合でした……人間悲しみを通り越すと笑いがくるもんですなぁ。

本日の収穫

 2007-06-08
LE曹操LE顔良SR張飛(新)。

戦績はと言うと、○○○○×。

最近の収穫。

R文醜SR曹丕(記念すべき初SR)後、カンギンペイとかカンサクとかドヨとか色々。

戦績はと言うと、××××○××○×

一体何が俺の身に何が_| ̄|○

最近やたらと引きが良かったんですよね。一日2Rぐらいは普通でしたし(2000円ぐらいかけて)。でも、正直勝てなかった。勝てないっていうレベルじゃなかった。で、原因を考えようと一州から続けてた戦い方を分析。

まず、左端に陳羣と陸抗を突っ込ませて、後ろから孫策と諸葛カクを突っ込ませて、その後ろから関羽を突っ込ませるっていう、よくよく考えてみると何だこの開幕突撃戦法は( ̄□ ̄;)って感じでした_| ̄|○

いや、一州、二州では通じてたんですよね。これやると大体陳羣が一発入って、関羽以外死んで、鬼神降臨→時間稼ぎみたいな戦略で勝ててたのですよ。でも、やっぱ三州ぐらいからそれじゃだめみたいでした。

よくよく考えるとこの戦法って高武力で初めて生きるんですよね。ただでさえ低武力のデッキでそれをやるとボコボコ死んで行くことに(泣)。

で、思い切って戦法を変えてみるとこれが的中しまして、その戦法でデッキを改良したのが現在左上に書いてあるデッキということになります。反計が思ったよりも強くてビックリでしたv( ̄∇ ̄)v

まぁ、それにしても一体何が俺に起こってこんなに引きが良いのか……いや、引きがいい事はすごいうれしいんだけど、なんかちょっと恐ろしいかも。明日も引きが良かった時は、当分家から出ないようにします(何)

ひぐらし祭もいよいよ終了!!

 2007-06-05
発売からはや三ヶ月。少しずつやってきたひぐらしにもようやく終焉が。そして、積みゲーの連鎖もこれで止められる……こともなさそうですね、まだまだ一杯。積みゲーワンダーランド(何)

それにしても、プレイ時間が120を超えるとは誰が思ってたんでしょうか。感想としては、長い。確かに面白いし、泣かせてくれるし、総合的に楽しめたのは事実なんですが、これだけ長いと~編に入った後も、一気に最後までっていう感情の継続が出来ないんですよね。と、いうわけで、普通泣かせてくれた作品は愛してますに入れるんですが、お気に入りコーナーへ置いときます。

後、ネタバレはしないつもりなので、ゲームそのものについての感想は書きませんが、みんな熱いなぁと思うところと、蛇足だと思うところがあるかな?圭一たちの熱い部分を出すために、誰かが悲しんで落ち込んで拗ねたりするんですが、それが入れ替わり立ち代りで行われるので、このパターンは前に見たから、いいよ……てな具合。そのあたりが蛇足かなと。

でも、熱いシーンは本当に熱い。仲間の大切さっていうか、仲間のためなら何でもやるっていう青臭さは見ていて気持ち良い。その理論が大人の世界で通用しなくても、助けたいとか救いたいとか思うのは仲間として至極当然なんですよね。大人であっても活躍する人は多く、圭一と赤坂、村の人々(←最近思ったけど、こういうサブキャラに感動する自分がいる)には、なんど泣かされたか。

総じて、長かった事の欠点を除けば、実に面白かった(完璧ではないにしろ)といえます。この無駄はPS2版だから……みたいな意見もありそうなので、次のうみねこでしたか、それはPC版を買いたいと思います。

タイプ別診断結果

 2007-06-02
http://www32.ocn.ne.jp/~emina/

やばい、すごい当たってる……これは面白いな。みんなもやってみー。

ENFP型:余計な苦労をかってでる

活動的、熱心、人扱いが非常にうまい、積極的、社交的といわれる。
E型、N型、F型、P型があいまって、さまざまな人や出来事や課題をーしばしば同時にー扱う並外れた能力を発揮する。

熱意を持って人生を前向きに生きているので、胸がわくわくするようなアイデアや大儀を掲げると、支援してくれる人が難なく集まってくる。

惜しむらくは、ENTP型と同じで、何かをはじめても、最後までやり遂げないことが多い、だから、カリスマ性のあるENFP型に惹かれて集まった人たちも、組織力や遂行力のなさに、次第にフラストレーションを起こす。

愛想がいい、喜ばせたがる、直感的、他人を気にするといったENFP型の性格はどちらかというと女性的される性格なので、ENFP型の男性は、ありのままに「ふるまう」と、既成の男性社会からはみだしてしまう。

皮肉なことに、それを補おうとするあまりに、かえってENFP型らしくない行動をとってしまいがちで、たとえば張り合ったり、ひどく理屈っぽくなったりする。

本当は好きでもないのに、一対一でするスポーツや「タフな」活動にのめりこみかねない。

ENFP型は人を類型化したり、「枠にはめる」のを嫌うし、自分も枠にはめられたがらない。自分の多面的な性格を好ましく思っている。

ちょっとその気になるだけで「人に合わせる」ことができるし、相手の考え方や感情に共感できるが、うっかりすると自分のアイデンティティーを失いかねない。
人の個性や問題を難なく受け入れられるすばらしい資質は、別の人には頼りになり懐が深いと見られるが、本人は自分が何物で、なにをすべきかわからなくてとまどってしまう。

ENFP型はくつろぐのが苦手である。急に思い立って何かを始め、興が乗ってくると、時間の観念がなくなり、疲れを忘れる。とことん疲れるまで熱中する。
だから、時には体調を犠牲にしてまで、休みを取らない。


親子関係

ENFP型の親にとって、家庭はおもしろくて創造的な探求ができる遊びの場である。

家族一人ひとりの個性や違いを認めてやらねばならないと考える。家庭の雑事も遊びにして、やりがいのあるものにしようとする。

やらなければいけないことがあると、(退屈なことだったら)後回しにするか、(おもしろそうだったら)みんなでやるべきだとする。

ENFP型の家は、近所の人や友人たちのたまり場になる。

子どもがENFP型でない場合は、にぎやかな社交好きと誤解するだけでなく、そんな親の子どもっぽい行動に困惑するか反発する。

ENFP型の子どもは、親にとって楽しみだが、ときに心身ともに疲れさせる存在になることがある。

身のまわりのものはなんでも遊びの道貝になり、その日によって、なりきる人物が違う。

たとえば、立ててある掃除機をラジオのマイクロフォンに見立てて、ディスク・ジョッキーになりきる。
翌日は、木の上に小屋を作って、建築家や塗装屋やインテリア・デザイナーになる。
それを親にほめたり手伝ってほしいとせがむので、子どもは楽しく遊んでいるのだが、親にしてみればあわただしい思いをさせられる。

勉強も、ほかのことと同じで、創造的な冒険であり、うまくやれたらほめてもらいたがる。

人のご機嫌取りがうまい。教師や級友に好かれたいし、好きになりたいと思う。

ENF型なので勉強はよくできるが、おもしろいことにテスト嫌いである。
授業中はよくできるし、教科書もよく理解できる生徒でも、「正しい」答えが一つしかない客観テストを苦手とする。
そのかわり、自分の知識をまとめて書けばよい作文のテストは得意である。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

千秋万歳

Author:千秋万歳

お品書き
最近の記事+コメント

最近のトラックバック
リンク
お便り

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。