FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ひぐらし考察2

 2007-03-12
綿流し編クリアしました。

感想は……

(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル ×100

以下ネタバレ注意ー
前回までの編と比べ、圭一がちょっとかっこいい綿流し。
いやでもまぁ、最後だけなんですけどね。それでも、圭一としては頑張ったと思う。いつも、やるのが遅いけども(苦笑)。
ひぐらしの解決策は、いつも思うんだが、圭一がヒロインに抱きつけば終わりなんじゃ……? とかやる前まで思ってたんですけどねぇ……。

……甘かったです。ハイ。ええ。いや、まいったまいった……いや、もうくるってわかってたんだよ。電話で問い詰めたときからさ、いつのまにか泣き声が笑い声に変わるぐらいおじさん予想ついたよ。ついたけどさ。ついたけどさ、くけけけけけけけけ! は無いんじゃないかな。しかも、ドアップだしさ。顔怖いしさ。深夜二時ぐらいの出来事だしさ。さすがのおじさんも、怖かった。認めるよ。いや、ほんと。(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

第三章で犯人がわかっちまったよー。これからは、その理由ですね。あ、いや沙都子編が残ってるか。どうかかわるんだろう……?後、梨花ちゃんも。

てか、犯人書いていいのかな? 犯人は、魅音だったんですよ。自白しましたし。正直、意外っちゃ意外だなぁ。二重人格を認めないとすると、部活は演技だったわけでしょう? まぁ、詩音が部活をしてて、直前で入れ替わったっていう可能性もあるんですが、牢屋の方で、詩音は詩音であるっていうことを認めたし……私は魅音だ!って叫んでくれれば、よかったんだけど。しなかったしなぁ。

あと、魅音は異常なぐらい詩音を嫌ってました。いや、ほんと異常。姉妹喧嘩のレベルを軽く超えている。
前々から言ってたように、月姫の双子感覚で行くと、この二人には何かあるわけです。ただ、月姫と違うのは、どっちもお互いを何かしら嫌ってそうな所。魅音は、詩音が今まで働いた狼藉を謝れとか、そういう所に拘っている。

で、考えられるのは、この話の中で、双子は禁忌らしいから、小さいときから差別を受けていたってのが、ありなんだよな。というか、そういう感じの事をほのめかしてたし。でもさ、これっておかしいんだよ。差別を受けるのは当然で、だから詩音は雛見沢にいない……というか、いれないんだろ? だったら、復讐するのは詩音の方で、魅音じゃない。小さいときから、色々といじめられてきたのならば、お返しするのは、詩音だ。魅音が、犯人だと自白してからも、実はお前が詩音じゃ……?とか思ってて、犯人は詩音と決め手かかってた自分が情けなかったです(苦笑)。

そもそも、禁忌だったら生まれたときに殺してもいいんじゃないか? 薗崎家なら、殺すだろう? まぁ、暇潰し編から見るに、ばっちゃは良い人っぽいんだけどさ。やっぱ、孫は可愛かったか? それとも、両親が妨害した? 両親は妨害したから、勘当されたのか?

後、おかしいのは薗崎のばっちゃ。当主が殺されてる所。これが一番可笑しい。意味不明。ついでに言うと、圭一のせいで魅音の中の鬼が覚醒したってのもちょっと意味不明。人形をもらえたら泣かなかった。で、眠ってた鬼が復活。てことは、小さいときに似たような事件があった。鬼が生まれた原因とか。例えば、あんたは当主なんだから、こんなもので遊んでないで、華道とかしなさい!とか。ありがち。いやでも、こんなんであんな鬼が出るか??ストレスが積もりに積もったのだろうか。

いや、そもそも人形なんかどうでもよくて、圭一からもらえなかったっていう点に焦点を置こう。だとすると、やっぱり好きな人から貰えなかったっていうのがポイントになってくるわけで、んじゃ、当主なんだからお前はあんな奴と付き合うな!っていうのでも小さいときに言われたとかが、有力かな。女の人の気持ちはわからないんで……よくわからないんですが。

とにかくも、魅音が犯人なのは確定している。んで、その内容は復讐。二重人格は一般的に、小さいときの虐待が主な理由。で、差別された時に虐待もされた。それには、双子は禁忌という理由で、ばっちゃが指揮をしていた。それに御三家が参加した。だから、殺した。で、詩音を殺したという疑問が浮上。

復讐は祟りを利用している。鬼が覚醒したのは圭一がきてから。ということは、魅音が殺したいと考えた奴等は、御三家当主と、薗崎詩音。

あー臭うな。こりゃ。なんだか全体が見えてきたんじゃないか??

このパズルが狂ってるのは、魅音と詩音のピースの位置が間違ってるから……この二つを入れ替えれば……。

犯人は詩音(何らかの理由で、現在魅音)。小さいときに、魅音(現在詩音)に色々と苛められる。回りも容認していて、むしろ加勢していた節もあるかもしれない。で、それを繰り返して年月が過ぎていくうちに、詩音の中に鬼(もう一つの人格)が芽生える。で、何かがあって(詩音が魅音になった理由?)鬼は眠った。が、しかし、圭一のおかげで鬼復活。復讐開始。

ってのが、筋かなぁ。ふむふむ。我ながら、今日は冴えてるなぁ。早起きしたおかげか。いや、起こされたんだけど。

でもこれって、大人の時と子供の時と違うだけで、月姫とあんまり替わらない……?? やっぱ、あれは偉大だったのかな。あっちは、変わった理由が曖昧だったけど、こっちは曖昧なレベルでは済まないよな。これは、今から楽しみだ……間違ってたらごめんね(ぇ)。

後、綿流し最後の死亡時刻が会わないって奴。
おそらく、当日に死んだ事になってる魅音はおそらくは、詩音。いや、DNAかなんかで魅音って出ていたっていわれたら、それだと余計に上の、魅音と詩音が入れ替わってる説が信じられるようになる。ようするに、圭一をさしたのも……ややこしいな。魅音の方だろう。ってこと、で詩音として自殺したと。

とりあえず、大石さんが、圭一が刺された時と、詩音が自殺したという時の時系列をしっかり言ってくれないと、こっちは推理できないんだけど(苦笑)。後、ばっちゃが殺されてる所にもっと関心を持ちなさい。さらっと流すから、危うく見逃す所だったじゃないか……。

まぁ、なんにしろ、色々込み入った事情がおありのようで。
次は、第五章にいけっていわれたんですが、第四章に行きたいと思います。目明しって沙都子編だよね? なんで、詩音が主人公なんだ? ふむ……鬼が誕生したのは、悟史が原因? 一年前? ふむぅ。色々謎だ。

では、また。次は、~編か知らないんですが、まぁ第四章が終って何か変化したら、考察したいと思います。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://thousandwishbone.blog51.fc2.com/tb.php/117-947f50aa
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

千秋万歳

Author:千秋万歳

お品書き
最近の記事+コメント

最近のトラックバック
リンク
お便り

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。