FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

カンガルー日和

 2008-06-02
村上春樹という作家をご存知だろうか。
という質問をすると今は、質問をした人がバカにされそうなそんな人物。
すごい人だ~とか知っているけど読んだことが全く無かった。というか、読もうとも思ってなかった。
この前友人宅に泊まりにいったとき――大学から家に帰るのが面倒になったとき、その友人の家にいつも泊まっている――ふと本棚を見ると村上春樹という人の作品が目に入った。それはもう7、8作品ほど。
最近の僕は実にアクティブであるので、面白いのかどうか友人に聞いてみるた。すると友人曰く、はまると抜け出せなくなるという。なんか麻薬みたいだな、とか思いつつも興味はあったのでお勧めの奴を借りて読んでみた。

これがその作品である。
カンガルー日和 (講談社文庫)カンガルー日和 (講談社文庫)
(1986/10)
村上 春樹

商品詳細を見る


感想を一言でいうならば、すごく退屈な話もあれば、すごく面白い作品もあった。
あ、言い忘れていたがこのカンガルー日和というのは、村上春樹が書いた短編をまとめたものである。だから、面白いと感じたものもありつまらないと感じたものもあるわけであるが、なかでも面白かったのが、サウスベイ・ストラットという作品だった。一言でいうとハードボイルドという奴に当てはまるのであろうか。探偵がある依頼を受けて、それを遂行している最中に色々あるお話。といってもすぐに終わってしまうのだけれど。今思えば、名前も容姿もわからないキャラクター達なのに想像しやすいってのはすごく変な感じである。しかも数ページしかないのに物語が完結していて面白いと思ってしまう。そういうのをうまいというのならば、やっぱり村上春樹という人はすごいんだろうか。

サウスベイ・ストラット

駄目になった王国

バート・バカラックはお好き?

4月のある晴れた朝に100%の女の子に出会うことについて



以上、順不同ではあるが、面白かった作品。正直、これだけ読めただけでも読む価値はあったかと思う。元から通学途中に気軽に読んでいたものなので、もし読む機会があったら気軽に読むと、少しは何か得られるものがあるかもしれない。とりあえず、僕は100%の女の子に出会ったらあの話を切り出そうと思っている。

しかし問題はこれからだ……面白いやつもあったが、数ページが苦痛のものもあったのだ。違う作品を読むにしてもまだ購入まではしないほうがいいかもしれない。
コメント
村上春樹は高二・高三の頃に「全作品」読んじゃった人が通りますよん。<s>べ、べつに彼の名前につられてコメしたわけじゃないんだからねっ!</s>
友人氏の「麻薬みたい」というのは実に的を射ていて、俺の場合も2ヶ月3ヶ月読んでいない期間が空くと「ああ、ハルキが足りない」ってなっちまう(笑)。『カンガルー日和』の中では俺も「バート・バカラックはお好き?」あたりが好きだなぁ。「サウスベイ・ストラット」は趣味だけでサクサクっと書いてる感じがして、個人的に、うーん。ハードボイルドといえば『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』はガチ。日本人作家にしちゃ珍しく長編の方が巧い人なので、なるべく長いのがオススメなのです。

私信:mixiって正直どうなの? クワノとかがどっぷりハマってるけど、イイのかどうかよくわかんないや。
【2008/06/10 20:04】 | 八神だった人 #wohqAIoc | [edit]
うお、懐かしい人がいるぜ。後、タグはコメ書く欄の下にあるボタンを使わないと表記されないんだぜ(何

てか、やっぱやるなぁ君は。全作品とはさすがに思ってなかったぜw
あれだな、外国ばっか読んでるわけじゃなくて日本の面白い奴がなくなったって感じか?
俺の一番は100%の女の子に出会うことについてかなぁ。結局最終的にはそうなりましたな。落ちがうまいやつは大体好き。

ほほう、世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランドはガチなのか?
なんか100%みた後に恋愛ものが良いんじゃないかと思って今度ノルウェイの森を借りようと思ったんだけど、どっちがお勧め?ちなみに今は海辺のカフカ読んでます。

私信に返信:ほー、くわっちがはまってるのか。ぶっちゃけあんまりよくない所。何が出来るかは伊奈にレスったところに書いてあるので読んでくださいな。用途によるがあまりお勧めできない。ただブログよりは友達とか知り合いを探しやすいと思うよ。お前だったら文学系のコミュニティに入れば、語り合える友達を探せるかもしれない。
【2008/06/10 22:02】 | 千秋 #- | [edit]
そういやボタン押さなきゃダメなんだったっけ。不覚orz

海外作家と国内作家の読書バランスが7:3という、まさに日文科の面汚し的存在なのです。基本的に長編スキーなので、どうしても趣味が外国に傾くっぽい。ので、別に飽きるほど日本文学読み尽くしたワケじゃないw

うん、『海辺のカフカ』はイイなぁ。ウイスキーのマスコットキャラがネコの心臓食うあたりが印象的。『海辺のカフカ』と『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』は同系統というか、似たテイストの作品だから、前者にハマったら読んでみるべし。んで、別系統の『ノルウェイの森』の方が気に入ったらならば、『国境の西、太陽の南』を読んでみるべし。あと「全作品」って言ってたけど、『アンダーグラウンド』を中途挫折していたのを思い出したので、一から読み直してきますorz

私信の返信に返信:ハマってたというか「mixiでこれこれこんなニュースやってたわ」的なことを奴が結構言うもんだから、メディアとして優秀なのかなと。にゃるほど、誰かに招いてもらおっかなー、て考えてたけど、やっぱいいや。
【2008/06/16 04:17】 | 八神だった人 #wohqAIoc | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://thousandwishbone.blog51.fc2.com/tb.php/236-155a635d
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

千秋万歳

Author:千秋万歳

お品書き
最近の記事+コメント

最近のトラックバック
リンク
お便り

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。