FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

願いが叶うまで3

 2006-04-05
第三弾!!
だんだん略されていく

それはともかく。
なんだか、正直自分でもよくわからなくなって来た(苦笑)。
どうも最初の構成と違う気が……。

後ほど三つをまとめて、推敲します。

なんだかなぁ……。
 グスタフというライオンの場合。

 扉が開く。
 モニター越しに人狼が現われてくるのが分かる。
 以前と比べると随分マシな動きになっている。

――これが、我が国の希望か……。

 感慨深い反面、憤りも感じている。
 今も前線で戦い、死んでしまった同胞達へどう言えばいいのか。
 半獣の力を借りて、人間を滅びさせます。どうか持ちこたえてください、とでも言おうか。

――笑わせる。

 しかし、願いの力を借りないといけないのもまた事実。
 余の力が不甲斐ないからなのだ。だから、恥辱ならば甘んじて受けよう。
 認めるしかない。
 人間は強い。それもまた、真理。
 願いの力で対等になったはずの我等が持ってしても、奴等には勝てない。
 そもそも我等は技術を作り出す体ではないのだ。

――……不毛だ。

 今は考えても仕方が無い。
 しなくてはいけない事は、願いの成就。人間を滅ぼす事のみ。
 そのために余が出来る事。
 こうして半獣を補助する事と、後の世の為に少しでも民を生かす事。
 半獣の方はもう、良いだろう。
 動く事が出来れば、インテルが勝手にやるはずだ。

「始めてくれ」

 余は、最後の仕事へ向かうとするか。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://thousandwishbone.blog51.fc2.com/tb.php/37-56e2751e
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

千秋万歳

Author:千秋万歳

お品書き
最近の記事+コメント

最近のトラックバック
リンク
お便り

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。