FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

 2006-04-06
四!

まとめてない奴は、推敲してないので誤字・脱字何でもありです。
上げるなよ

いや、上げないと私のモチベーションが……(汗)。

ま、何はともあれ。
本編開始です。
「……ろって、起きろよ。シノっ!」

 返事が無い、ただの屍のようだ。

「いや、違うだろ。どっちかっていうと、病人だぜ。これ」

 シノと呼ばれた少年は、簡素なベットの上でうなされている。
 白いシャツと、白いズボンが寝汗で灰色に染められていた。

「ここんとこ、毎日だからな。ほんと、病気かなんかじゃないか?」

「……やめ、止めてくれ」

 起こそうとベットに近づくと、声が聞こえた。

「はん、止めて欲しかったら自分で起きる癖を付けやがれ!」

 最近恒例になった、シノを起こす方法。
 我ながら最適な方法を思いついたものだ、といつも感心する。
 こういうものは、寝床があるからいけないのだ。
 よく掛けられた布団を取るというのがあるが、あれは生易しい。
 こうして足をベットの端に置いて、力を入れると……

「んっ!? う、うわああ!?」

 ベットが一回転して、寝ている人は起きなければいけなくなる。
 是非、身近に要る人はお試しあれ。

「ふ、普通の人がそんな事出来るか! というか、君はそもそも人じゃないだろ!」

「ええ、そうですけど? 何か?」

――ふ、秘技『開き直り』……決まった。

「うなされる原因は、君かもな……ったく。君、女の子だよ? わかってるの?」

「はいはい、わかりましたよ。わかってますよ。ごめんあそばせ。これで、よろしくてか? ったく、そんな事よりもさっさと飯を食いに行こうぜ。ほれ、着替え」

 着替え――といっても、そんないいものじゃない。支給品だから、今の時期は白いシャツに白いズボンを、シノに投げてやった。

「あ、ありがと……」

 シノは着替えを受け取ると、素直に礼を言った。
 そう、それでいいのだ。シノにはそれが一番似合う。
 するとなにやら、そわそわしだした。

「どうした、さっさと着替えろよ」

「い、いや。着替えしたいんだけど……見たいの?」

「ば、馬鹿やろう! それをさっさと言わんか!」

 言いながらも、すぐに外に出る。

――わ、私が見たいだって!? そんな訳がないだろう!

 だとすると……そ、そうか!
 先ほどの仕返しか、そうだ。それならば、筋が通る。
 なるほど、シノの奴め腕を上げたな。

「おまたせ」

 着替えたシノが部屋から出てきた。
 宣戦布告は今が好機。

「わ、私は負けないからな!」

「え? 何が……って、ちょっと先行くなよ!」

 とりあえず、シノより飯を食おう。
 勝率を上げるために。
コメント
まだHP時代の移行しかしていない、私の拙詩のサイトへ訪れていただきやって来ました。
いろいろと書かれているのですね。
とても一度では読み切れそうにもないので、また時間を見て寄らせていただきますので宜しくどうぞ。
コメントを入れるのは不得手ですので、たまに何か書き残すかも知れませんが、訪問の際にはポチッとだけさせていただきます。
【2006/04/06 22:08】 | あまのじゃく #oop9FInw | [edit]
訪問有難うございました。

色々書いてるんですが、ほとんど愚痴日記か叫び日記なんで(苦笑)。

あ、はい。どうぞどうぞ、お暇なときにでもお越しくださいませ。

はい、押してくれるだけでうれしいです。

では、私もまた行かせて貰いますね。
【2006/04/07 12:25】 | 千秋 #h2FoYM5o | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://thousandwishbone.blog51.fc2.com/tb.php/38-162389dc
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

千秋万歳

Author:千秋万歳

お品書き
最近の記事+コメント

最近のトラックバック
リンク
お便り

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。